2011年9月2日(金)〜6日(火)
 
インド色布まつり
砂堂庵コレクション展示即売会

庵主砂堂創(さどうそう)
1936年浅草生まれ。
五〇歳までインド石窟寺院研究家・写真家佐藤宗太郎として活動。
50歳より現高崎市吉井町、砂堂庵に移る。
インド往復40年でコレクションしたインド美術、民芸品、ドキュメント映像などは膨大で、
その一部を2011年9月、本庄市の cafe NINOKURA で公開展示・即売する。
チベタンシンギングボウル「チョン」の国内では数少ない演奏家としても活動。




画像「八月の砂堂庵」



トップページに戻る
inserted by FC2 system