〈はかり知れない=ノー・メジャー・仕事〉カフェ Part1 開催!


 

 オープン一周年を迎えたNINOKURA。世代、仕事、考え方などまったく違った人々が、なんだかんだといきあたりばったりで話をする「〈ヴァリアス〉コミュニティ・カフェ」として、わずかずつではありますが前進しております。

 そんな中、時々話題になるのは、昔と今と、そしてこれからの「暮らしのあり方」。とくに、われわれからみたら「けっこういい仕事してるじゃねえか」と思われる〈好きなこと〉をやってる若者たちが、「この社会でどう生活していくか」です。

 昔からある仕事なのに「今はそんなんじゃ暮らしていけねえよ」といわれるようになったり、今までになかったやりたい仕事が「それじゃあ食っていけねえよ」と相手にされなかったり。本当はどうだかわからないのに世の中でよくいわれるそういう言葉に、決してむきになって立ち向かっているわけではないだろうけれど、自分の〈好きなこと〉で暮らしていきたいと考える若い人たちはNINOKURA周辺だけでも少なくない。そして、そんな人たちが増えていくことで、私たちの身のまわりは少しずつ暮らしやすく、風通しのよいものになる。そう思います。

 そこで、NINOKURAで自然発生的に行われているこんな話を、今日は「自分の〈好きなこと〉で暮らしていくやり方」について話し合いますよと宣言することで、継続的なイベントとすることを考えていました。イベント名は「仕事カフェ」です※1

 そんなおり、となりの美里町の「ムーミン谷」に住みNINOKURAのイベントにも何度か出演してくれているシンガーソングライターゆいだいきが、13人の音楽を「夢」にした人々の話をきき、さらにはワンダフルな自分の「夢」を語る映画『THE ME』のNINOKURA上映が決定。これは便乗するしかないと、上映最終日の日曜、映画の静かな感動がさめない絶好のタイミングで、第1回「〈ノー・メジャー〉仕事カフェ」開催することにしました。今はメジャーでない仕事こそ「はかり知れない=ノー・メジャー※2なのではないでしょうか。

 当日はNINOKURA近辺の「はかり知れない仕事人」に何人か集まってもらいます。そしてわれこそは「ノー・メジャー・ワーカー」という人、彼らに興味ある人、見守りたい人、一言いいたい人、ぜひお越しください。話をしただけで大きく世の中やひとの考えは変わりませんが、まったく違う人たちとの対話を通して何かのヒントになればいいし、まず彼らの仕事を知ってもらうだけでもずいぶん違うのではないでしょうか。

「はかり知れない仕事人」しかいなければ、ずっと「はかり知れない」ままなのです。

 

 ※1同様の企画は昨年のクリスマス、深谷のもやし屋飯塚商店と協同の「蔵’s mas」同時開催「We Wish これで暮らします」がありました

 ※2ほぼ和製英語

 

 

●日時:9月9日(日)16:00〜 (『THE ME』上映14時の回と19時の回の間)

●会場:NINOKURA二階催事場

●参加には映画観賞か、カフェでワンオーダーお願いします

●「ノー・メジャー仕事人」は決定次第お知らせします



会場の二階催事場(8月の「利根川フェーン音楽祭」時)

 

9月7日(金)〜9日(日) 3日間のチラシ

トップページに戻る

inserted by FC2 system